Gakken 学研ステイフル

発達に合わせて遊び方もチェンジ!
年齢別 子どもの成長を育むブロックの遊び方

発達に合わせて遊び方もチェンジ!  年齢別 子どもの成長を育むブロックの遊び方

子どものおもちゃとして特に人気が高いブロック。ハマればある程度成長するまでの長い期間、夢中になって遊んでくれるので、親としてはありがたいものです。このブロックですが、幼少期に子どもに与えることで、その発達を効果的にサポートするといわれています。そんなブロックで遊ぶことのメリットを小児神経学、発達神経学が専門の榊原洋一先生(お茶の水女子大学 名誉教授)にうかがうとともに、年齢や成長に合ったブロックの遊び方を紹介します。

ブロック遊びは、子どもの能力を育むサポートに!

ブロックに限ったことではありませんが、幼児期に遊ぶことは人間形成のベースを作るうえで大きな意味があるといいます。

 

「子どもは、遊びを通して、たくさんのことを学んでいます。どうやったらできるのか、何をしたらもっと面白くなるのか、など。ときには失敗してまた考えてやり直す、そんなことを繰り返して、思考力や集中力、探究心、やり抜く力、工夫する力といった実にさまざまな能力を育んでいます。こういった能力は、「読み・書き・そろばん」といった学習だけでは学べない人間として生きていくために必要な力もちろん、子どもにとっては学習も大切ですが、遊ぶことは、それ以上に大切だといえます」

 

遊びで得られるものは、ほかにもたくさん。例えば、思うように遊べるようになれば、達成感が味わえて、自信につながり、次にチャレンジする原動力に。また、保護者や兄弟とともに遊ぶことは、協調性や共感性を育むことにもつながるでしょう。

 

「ただ、ここでいう『遊び』とは、子ども自身がやりたいと思い行動したこと、そして楽しいと思うことが重要です。また、遊び方には自由度があり、ゴールや正解がないものがよいでしょう。決められたルールがあったり、完成したら終わりといったものだと、思考力や達成感は味わえるかもしれませんが、子どもらしい想像力や探究心がどんどんそがれてしまうのです。その点、ブロック遊びは、「こうしなきゃいけない」というルールも、「これを作るべき!」という正解もゴールもありません。子どもが思いのままに自由につくれて、無限に楽しめるという点がすばらしいのです」

 

子どもがブロックに興味を示して手を伸ばしたら大チャンス! 保護者はそっと見守って、自由に思う存分楽しませてあげてください。

 

年齢や発達に合わせていろんな遊び方が楽しめる!

自由自在に遊べて、ゴールがないので長い期間飽きずに楽しむことができるブロック。ここでは、子どもの発達に合わせてブロックでできることの例を紹介します。もちろん、子どもが自由に遊ぶことが大前提なので、保護者の方は、上手に見守って子どもの行動を引き出してあげてください。

◆年齢別 体の成長とブロックの遊び方◆

 


●1.5歳~


体の発達     

一人で立って歩きはじめる頃。物を押したり、つまんだり、コップやスプーンを使えるようになります。「パパ・ママ」などの言葉を話すようになり、簡単なお手伝いなどができるように。

 

ブロックの遊び方

ブロックをつかんで箱に入れる遊びやテーブルなどに並べる遊びなどがおすすめ。ブロックを食べ物に見立てたおままごと遊びのようなことも楽しめます。

 

保護者との遊び方

大人の言うことが少しわかるようになる頃なので、「〇〇ちゃん、とって」「ブロックを、箱に入れて」など遊びながら会話をし、上手にできたらほめてあげましょう。

 


●2歳~


体の発達     

歩く、走る、跳ぶ、蹴るなど、基本的な運動行為ができるようになります。ひとりでごはんを食べられるようになるなど、手指も発達。活動範囲が広がると同時に、強く自己主張をしだす時期です。

 

ブロックの遊び方

積み上げたブロックを崩す遊びや、だるま落としにみたてた遊び方などができます。また、ブロックを車や電車に見立て、ぬいぐるみを乗せるなど乗り物遊びも楽しめます。

 

保護者との遊び方

保護者のまねをしたがる頃です。この時期はブロックを他のモノに見立てた“ごっご遊び”も喜びます。一方で、“一人遊び”をしはじめる頃なので、その時は少し離れたところから見守りましょう。

 


●3歳


体の発達     

片足立ちやつま先歩きなど、バランス運動ができるようになります。お箸やハサミが使えるようになり、手先が一段と器用に。3つの積み木でトンネルを作ることができるようになります。

 

ブロックの遊び方

手首をひねる動作が可能になる頃。伸び縮みできるようなパーツを含んだブロックを持っている場合は、自由にポーズがつくれる作品にトライしてみましょう。

 

保護者との遊び方

“自分でやってみたい”という意欲が芽生えはじめます。いっしょに作品を作る場合は、保護者が先回りしすぎないのがポイント。自分で好きな物を作れる場合は、その意欲を尊重してあげましょう。

 

 


●4歳


体の発達     

色(赤・青・黄・緑)の区別や前後上下の理解、1~5くらいまでの数字を認識できるようになります。全身のバランスを取る能力も発達。衣服の着用がひとりでできるようにもなります。

 

ブロックの遊び方

工夫しで遊ぶことが楽しい時です。たっぷりのパーツで大作を作ってみましょう。また、回転動作ができるブロックを持っている場合は、オリジナル作品にも挑戦してみて。

 

保護者との遊び方

ルールを決めて遊ぶことやお片付けができるようになる頃です。「使ったブロックはバラバラにしてから片付ける」、「ブロックを独り占めしない」など、遊びながらルールを守る練習をしましょう。

 


●5歳


体の発達     

体力や筋力が発達し、弾んだボールをつかんだり、スキップができるようになったりします。また、手先もさらに器用になり、ハサミを使ったり、図形を描いたり、リボン結びができるようになります。

 

ブロックの遊び方

論理的に考えられる能力が伸びるときなので、プログラミング機能がついたブロックなどがおすすめ。ブロックを回転させたり、光らせたり、自分が思い描いた通りに動かす楽しさを味わって。

 

保護者との遊び方

協力して遊べるようになるので、分担してひとつの物を作ることなども可能に。自分で考えて判断できるようにもなるので、「ここどうする?」など、子どもの意見を聞いてみるのもよいでしょう。

 

●年齢別 おすすめのブロック

年齢 子どもの発達 おすすめの遊び方 おすすめのブロック
1.5歳 ・4つの積み木を積む

・あまりこぼさずにスプーンを使用

つかむ

おとす

ならべる

みたて遊び

Gakkenニューブロック はじめようボトルGakkenニューブロック

はじめようボトル

1,650円(税込)

2歳 ・ジャンプをする

・2語文を話す

・上着や靴を脱ぐ

・自分の意志で物を操作できる

・上手投げでボールを投げる

つむ、とおす

みたて・つもり遊び

つなげる、組む

たてる、わける

つくる

Gakkenニューブロック

たっぷりバラエティBOX

9,350円(税込)

3歳 ・運動のバランスをとる

・自分の考えを言葉で表現

・ボタンをかける

・3つの積み木でトンネルを作る

ひねる

考える

いっしょに遊ぶ

動かす

Gakkenニューブロックひらめき!クネットBOXGakkenニューブロック

ひらめき!クネットBOX

4,950円(税込)

4歳 ・一人で衣服を着る

・前後上下の理解

・丸をまねて描く

・色の区別(赤・青・黄・緑)

考えをカタチにする

工夫して遊ぶ

Gakkenニューブロックひらめき!ギアBOX_83186Gakkenニューブロック

ひらめき!ギアBOX

4,950円(税込)

5歳 ・跳ね返ったボールをつかむ

・四角を描く

考えをカタチにする

工夫して遊ぶ

Gakkenニューブロック

プログラミング

16,500円(税込)

監修者プロフィール

榊原 洋一 先生
お茶の水女子大学 名誉教授

1951年東京都生まれ。東京大学医学部卒業。お茶の水女子大学大学院教授、理事・副学長などを経て、現職。医学博士・小児科医。現在は、発達障害の臨床的研究、発達障害児の保育、子どもの生育環境とその発達への影響、国際医療協力を主な研究対象としている。専門は、小児神経学、発達神経学などで、「子どもの心と体の発達」に関する著書を数多く執筆し、それらは高い評価を受けている。「発達障害のある子のサポートブック」(学研)など著書多数。

TOPに戻る